どうやって東京の税理士を探す?


東京で税理士を探す事になって

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
1月 19, 2015 at 10:22 AM

東京で税理士を探す事になって

東京に構えていてお客様のお世話になってはや半世紀経つうちの会社でもついに税理関係の専門家がやってくることになった。

今までは、ダマしダマし、税理士的な人が出はいりして税務署をやり過ごしていたが、弁護士にいわせると、税理士的な人でも税理士と同じ機能をする瞬間もはやそれは税理士と違いはないので裁判で勝てると、太鼓判を押してくれた。

だが、時は21世紀、やってきたIT時代、もはや法の網目は、曖昧を許さないといきりたっている。

炎上は日常茶飯事、食い逃げはゆるさねぇ、お年玉は景気がよくなるまで持ち越しのキャリーオーバー。

オラなんだかお前がゆるせねー!理由なき負の連鎖がこれからはじまろうとしている……。

もはや殺伐としたバトルロワイヤルに突入して、昨日の友とのたたかい避けられない時代になった。

プレデターはあなたの後ろに立っているのか?立っていないのか?カガミを見ればわかる!そんな折に、見つけたサイトはITバブルの名残りなどではなかった。

激動の時代をサバイブできる卑弥呼がもらった金印に匹敵する我々の度量衡では推し量れない、東京で雇える税理関係の人たちのビッグデータだった。

これをあれしてこれしてブリコラージュして、うまくつかえば、うまい事行くかもしれない。

いい税理士は東京に集まる

アフェクティブ・マインドセットとは、いわゆる心構えの問題の事だが、物事を悲観的に捉えがちなペシミストの上司は、東京で税理士を探す事になった際にどうせいい人が見つかるワケが無いと、またもやネガティブな罠に囚われて酒の席で「俺は最後の戦士だから」と急につぶやいた。

オプティミストよりペシミストの方がリリカルだという考えが主流だし、大体それであってると思うが実際的にお金を稼ぐとなると、合理的である事の他に、前向きである事の方が圧倒的なバッシブスキルとして機能するだろう。

松下幸之助にいわせると、愛嬌がある事と背中に哀愁が漂っている事が成功者の人間的スキルに欠かせないというが、そこのところを、うちの上司にいわせると団塊の世代はソーシャル・プルーフを無視したいわゆるKYが多いから、うまいこといったんだと言っていたが、リーダーはいつの時代でもブリガドーン的に突然あらわれるもはや蜃気楼で。

KYだろうが、ソーシャル・プルーフが行き届いたいわゆるリア充というコミュニケーションの先達とかに関わらず、ほんの一時だけ出現するマボロシの存在なのかもしれない。

しかし、さすが松下幸之助という感じで、愛嬌があれば全部解決しそうな気がするではないか。

ところで、東京にはいい税理士が集まっているではないか。

さすが東京といったところか。

そして、ネットの口コミで知った丁寧なサイトのおかげで、東京の税理士情報を大体つかめたので、欠けていたピースがハマったような気が今ではしている。

東京での税理士の口コミを見てみよう

かゆい所に手が届くいいサイトではないか。

孫の手と併用してそのサイトを今では重宝している。